趣味が人間観察というのはもう古いタイプの人間かも知れないと思われがちですが、これまで訪れた街で人間観察をするのが日課です。街にどういう人が歩いているのかを観察してみるのは中々面白いもので、大都市の場合はやはり若い世代が大半を占めている上、最近では外国人もだいぶ増えて来ていました。今回は小江戸の観光がてら川越にやってきたのですが、こちらも日本の文化を見に来たと思われる外国人が比較的多い印象で、その他は学生さんや30代以上の男女が多いイメージでした。20代ほどと思われる人々はあまり見られませんでしたね。ではそれぐらいの世代の人々はどこにいるのかと気になったので、試しにデリヘルを呼んでみることにしました。知らない土地に行った時にその地域の人間と話す手段は色々とありますが、手っ取り早いのがデリヘルであると最近気がついたのです。当然、イベントに参加をしてみたり、地元の飲み屋に飛び入りで入ってみたりするのも悪くないのですが、昼間から堂々と女性と話ができたりするのはデリヘルが一番良いのです。というのは建前で、女性とエロいことがしたいというのが当然目的ではあるのですが。川越のような、都内に出て暮らすかどうか微妙なラインの街に住んでいる女性というのは、自分の身の丈に川越は合っているというのをしっかりと分析しているというのが自分の中でのイメージです。そういったどこか落ち着いている雰囲気の川越の女性をデリヘルでホテルに呼んだわけですが、やってきたのは素朴系のどこにでもいそうなデリヘル嬢。普通に街を歩いているようにしか見えない女性だったので、何故この仕事をしているのか興味がわきました。こういうことをデリヘル嬢に聞いてしまうのは結構嫌がられるものだとはわかっているのですが、単刀直入に聞いてみると、川越はやはり都内と比べたら給料が低いので、こういったところでお金を稼ぐのが手っ取り早いし効率も良いということでした。元々はキャバクラで働いていたそうですが、客を獲得するのに営業でメールやLINEをすることにもはや疲れてしまったので、気楽に割り切って楽しむことの出来るデリヘルが良いと思ったとのことです。そんな彼女のプレイはサバサバとして淡々としているのではと思ったのですが、そんなことはなく、エロさ満点でした。彼女曰く、田舎はすることがないから男とすることと言えばエッチぐらいだよということです。そんなに川越は田舎だとは思いませんが、駅から離れてしまうと結構緑の多い場所なので、彼女からすると田舎なのかも知れません。川越の女性の意外なエロさに興奮した一日でした。
川越風俗デリヘル 川越人妻城

明るい女の子が好きで、今まで付き合って来た彼女もそういう雰囲気の娘が多かったのですが、いまは特に彼女もおらずに独り身です。ある意味楽と言えば楽なのですが、どうせなあ可愛い女の子と過ごして、抜きたいなあ…>>続きを読む

ホテルにデリヘル嬢を呼んで、いざやって来たという時には、女の子の仕草を逃さずに見ています。特に六本木のデリヘルみたいに高級志向のお店の女の子に隙が見える瞬間を逃しません。例えば、ちょっと気を抜いていた…>>続きを読む

関連する記事は見当たりません…