高級デリヘルと一般的なデリヘル店との違いについて書いていきたいと思いますが、まずデリヘル店では三種類に分けられるということをご説明しようと思います。その三種類ですが「高級デリヘル」「一般的なデリヘル」「大衆店・激安デリヘル」の三種類に分けられます。この三種類の分け方は主に価格とサービス、女性のルックスによって分けられています。価格で話すと一回の利用で掛かる料金が20,000円以上の価格は「高級デリヘル」、15,000円前後が「一般的なデリヘル店」、10,000円以下のお店を「大衆店・激安デリヘル」と呼んでいます。高級デリヘルは言わずも知れた価格もサービスも女性も最高級のものを提供してくれるハズレの無いデリヘル店ですが、一般的なデリヘル店と大衆店・激安デリヘルは正直、そんなに大差ないのです。強いて言えば女性のルックスに違いがあるだけでそれ以外ではほぼおなじと思って頂いて間違いないです。下手をすると大衆店に属している女性の方が可愛い女性が在籍している可能性もありますので、運の要素が強いと言えますがそれほど大差ないのがよく分かるでしょう。このように価格や質で風俗店の格付けをされていますが、実は現代でもある風俗店の格付けは江戸時代から存在しており、その格付けによって遊女の生活も違っていたというのです。日本古来の風俗店として有名なのが遊郭になります。遊郭は江戸時代から大正時代にかけて最も盛んであり花街としてその名をはせていました。遊郭の仲で特に有名なのが東京の吉原と京都の島原になります。神戸の福原も有名ですが歴史としては福原はそれほど長いわけではないのですが、江戸時代から栄えていたのは吉原と島原になります。花街とは現代で言うと歓楽街を指しており、飲み屋のような飲食店があり、その中で遊郭があったのです。その遊郭の中にも高級系や庶民系、格安系などがあり、当時の遊郭ではサービス以外に芸が出来る女性は高級系の遊郭に所属しており、性的なサービスしか出来ない遊女は庶民的な遊郭や格安な遊郭で働くことしかできなかったのです。言ってしまえば高級系の遊郭では芸能が達者でないと所属できなかったため、庶民的な遊郭とは大きな差が生まれてしまっているのです。高級系遊郭に属している遊女は庶民的な遊郭に属している遊女を下に見ており、バカにしていました。この形は現代でも変わりません。
渋谷 高級デリヘル 東京の清楚系風俗【シャングリラ】

風俗業界の中でも最も採用基準が高く、採用される女性の倍率も高いことで有名な高級デリヘルですが、その狭き門を潜り抜けた後には更に厳しいマナー講習があります。採用された時点でかなりの女性だと見受けられます…>>続きを読む

性感染症は高級デリヘルをはじめ、全ての風俗店では切っても切り離せない問題となっています。近年では性感染症に関して厳しくなり、店舗では定期的に検診を行い性感染症は無いと、周知している店舗もあります。また…>>続きを読む

渋谷のメンズエステっておじさんになったら遊ばないものなのかなって思っていましたけど、お店の待合室で自分より年上であろうおじさんの姿を見て、自分はいつまで風俗で遊ぶのかなと思ったこともありました。そして…>>続きを読む

本指名した方が風俗嬢のモチベーションが高まるとは言われていますけど、でも自分はいろんな女の子と遊びたいって気持ちの方が強いのもありますのでリピートはあんまりしないですね。むしろ毎回違う女の子と遊んでい…>>続きを読む